ピュアナチュラル 蒼基.jpg

ピュアナチュラル

2010年06月16日

かいば屋のおかあさん!!

かれこれ、もう7〜8年のお付き合いになるでしょうか!

浅草のかいばやという飲み屋さんに足繁く通うようになったのは…
昭和の香りがして、文壇の香りがして、そして江戸の粋の香りがして、何もかもに魅了されたものです。

化粧っけの全くないおかあさんはいつも毅然としていてその銀髪が美しく、百戦錬磨の戦士のごとく相当な酔っぱらい相手にまったくの素面で戦っているかと思いきや、お母さんに叱られに来る輩にはぴしゃりと何発もとどめをさして・・・私のような輩にはめっぽう優しく江戸文化の粋を教えてくださいました。

お母さんの紹介で幇間さんに来てもらって、最高齢のお姐さんと私たち江戸文化にあこがれている地方出身者が集まって、吉原の店じまいをした料亭でつかの間のお座敷遊びをさせていただきました。

当に、社会科見学のような面持ちでしたが、70歳を超えたお姐さんの三味線の素晴らしさとその腕の筋肉には参りましたという思いでした。

たくさんたくさんの思い出があります。

全く門外漢の私をとても大切にしてくださって、いろんなことを経験させてくださいました。

たくさんの野良ネコちゃんのお母さんとしても、何匹もの猫の命を助け・・・私はおかあさんにあこがれて、江戸の文化に触れたくて通いつめましたが、35年前にお母さんのご主人熊谷幸吉さんが開かれたお店で、命名はかの有名な野坂昭如さん。

ご主人は早稲田の落語研究会のご出身で、1988年にご主人が亡くなられてからお母さんが一人で切り盛りなさっていました。

作家の田中小実昌さん、俳優の殿山泰司さん、映画監督の浦山桐郎さん、三遊亭圓龍さん、イラストレーターの黒田征太郎さんなど異色の個性派ばかり、それもちょい悪昭和の酔狂連、私は文章の上でしか知らなかった世界の窓をそっとのぞかせていただいた気分で自分の生きているビジネスの世界とは全く違うところで、思いっきり精神的な遊びをさせていただき、ストレス発散させていただきました。

本当に贅沢な空間でした。

いつでも浅草に行くとおかあさんがずっといてくださると思って、最近は忙しさにかまけて本当にご無沙汰してしまっていました。

そこに突然、黒田征太郎さんのイラスト入りの閉店のあいさつ状が届いたのでした。

急いで、お花を持って閉店の3日前にやっと数年ぶりにうかがいました。

おかあさんはいつもとかわらぬ優しさで出迎えてくださって、お酒の飲めない私にそっと差し入れのおにぎりを分けてくださって・・・懐かしい話に花を咲かせて・・・このかいば屋で知り合ったあべさんとおかあさんと私の初めてで最後の写真がこれです!

CIMG8180.JPG


これは私の宝物です。

おかあさん!またご主人様のお墓参り一緒に行きたいです!

かいば屋の歴史はこんな私にまで心の宝物を授けてくださったと御礼に伺いたいです。

おかあさん!ありがとうございました!

本当に美しいおかあさん!粋な生き方!私も見習っていきますね・・・
できるかな??!!
posted by shikaku_tsuneho at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 浅草かいば屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
☆☆かいば屋のお母さん☆☆

笑顔がステキな方ですね
Posted by ☆戸丸照子☆ at 2012年09月29日 03:04
☆☆かいば屋のお母さん☆☆

笑顔がステキな方ですね(*^^*)
Posted by ☆戸丸照子☆ at 2012年09月29日 03:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ピュアナチュラル 蒼基.jpg

楽天市場 ピュアナチュラル
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。