ピュアナチュラル 蒼基.jpg

ピュアナチュラル

2011年03月22日

東北関東大震災について考える

長い間ブログをお休みしていました。
また、スタートしたいと思います。

私は3月12日57歳のお誕生日を迎えました。

その前日、仕事のプレゼンで溜池山王に有る会社に行って、その後の打ち合わせである北品川に行くべく地下鉄からJRに乗り換えるため新橋の駅で電車を待っているときにグラットきたのです。
プラットフォームには中年男性がちらほらという感じで、みなおとなしくキャーという声も上げずに耐えて我慢しているという感じでした。
私は若い仕事仲間がいたので取り乱すこともできずにいましたが、ひざががくがくするぐらいの恐怖感が襲ってきました。
その後、新橋の駅を出て喫茶店に入ったりタクシーを待ったりしながら、いったい何が起こったのか何の情報もないままうろうろしていましたら、大きな電光掲示板にコンビナートの火災現場が映し出されていました。

30有余年前、新婚生活を送った木更津の地。そこに住まいしたのは旦那さまがLNGのガスタンクを作る技術者として派遣されていたからでした。いつも、東京の実家からの帰り道、主人の運転する車で幼子二人を抱きしめながら、巨大コンビナートの消えぬ火を見て、戦争が起こったら絶対に一番最初にこのコンビナートが狙われて火の海と化すのだろうかと考えていたものです。
そして、この子達がどうぞ幸せに育って行ってくれるようにといつも思っていました。
その幼子は成人して立派な大人となって、そしてこの東京に地で家族そろって東北関東大震災を経験しました。

打ち合わせをするドクターが新幹線で品川につかれたことを確認して、仕事仲間と結局徒歩で北品川まで行って、そこで何が起こっているかを確認しました。

日付が変わるまで、打ち合わせにならないけれども、皆それぞれ家族の無事を確認しつつ、皆で談笑し心温まるひと時を過ごさせていただき、皆散会しました。

それからもう10日が経ちました。
こんなことが起こっていいのだろうか・・・
神の怒りはここまで来ていたのだろうか・・・
私にとって何が一番大切なのか・・・

TVに映し出される悲惨な映像を目の当たりにしながら悶々と考え込んでいました。

自宅待機となって、普段すれ違いばかりでろくに顔も合わせない家族が集まって話し合うことがいろいろできました。

家族の絆だけではなく、人と人との絆がどんなに大切か痛いほど感じている毎日ですが、私には守らなければならない家族と社員がいるという現実があって、さらに善循環社会を築きましょうよと市民運動も四苦八苦しながら立ち上げたところでした。

現実、まだ何の動きもできていませんが、それぞれの立場でできうるかぎりの善循環行動をと思っています。

まずひとつは、買いだめをしないこと。
正確な情報の入手においては、TV・インターネットもま逆をいっていることがたくさんありますが、自分の感性を大切に正しい行動をとりたいと思っています。

これからの日本のことが正直心配です。
原発の放射能汚染に関しましては、これから子供を授かる可能性の有る若い人たちや子供たち中心に、汚染が及ばない生活の仕方を瞬時に判断して行動してもらいたいと思います。
そして、中年以降の私たち世代は若者の健康と安全優先で日本の未来を託していきたいと思います。

たくさんのお金と暇のある人たちは沖縄や石垣島、そして海外へと避難して行きましたが、私にはあまりにもいろいろの重責があってそんな行動が取れません。

きっとあの戦火に見舞われた過去の大戦のときの疎開もこんな感じだったのかと偲ばれます。
歴史は繰り返すというのでしょうか!!
確かに栄枯盛衰世の習いということなのでしょうか!

こんな時期だからこそ、経済活動もしっかり機能させて、東北のかたがたの分も日本人として稼ぎ出さねばなりません。
有言実行で善き事がなせるように・・・。

きっときっといろいろなこと試されているんでしょうね・・・
毎日何を判断して何を行動するかということを・・・

一家の主婦ならば、守るべきものがしっかり見えますが、自ら一家の主婦の座ではない生き方を選んでしまったのですから
その責務を追行するのみ・・・

やったるでー精神でがんばります!!
posted by shikaku_tsuneho at 14:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

社団立ち上げと近状報告。

みなさーんお久しぶりです!
やっと、新しい環境でインターネットが整いました。
約1カ月・・・荷物の整理・片づけに随分時間がかかりました。
北海道の友人から長くブログを更新しないのを心配してお身体大丈夫ですか?という電話をいただきました。
ありがたいことです。
いろいろな方が結構読んでいてくださることに感謝!
さあーこれからまた頻繁にブログアップしますよー

さて、最近は歩いて出社する毎日。東京にもこんな環境があったんだという私の隠れ出社道の様子です。
こんな竹藪がまだ都心にあるんですよ!

写真.jpg


私が育った実家にも竹藪があって毎年庭でとれたタケノコを食べていたものです。

ここは雀のお宿公園といって昔の農家のおばあさまが長年の一人住まいで亡くなられた後東京都にその土地を寄付なさったとか・・・
素晴らしい公園として今地元の方々に愛されて整備されています。

その横に八幡様があります。
八幡神宮って各地にありますよね!
祀られているのが応神天皇でいらっしゃるとか…

またまたこれもご縁で、先日金沢に出張に行きましたとき偶然入ってお店がめん屋さん・・・これが、木綿のめんではなく、お面のめんで、さすがお能の本拠地だけあって能面の古いものもたくさん飾られてましたが、一番の売りが、だるまさんのような起き上がりこぼしのような真っ赤な置物でした。このめんがやさしいお顔をしてまして、これが何と応神天皇を模しているとか…

ななんと毎日八幡様にお参りして出社するのが日課になっていた私はただただ感動!感動!
早速記念に一番小さいお顔の優しいものを購入しました。
それ以来、毎日、バッグの中で私を守ってくれています。
もう少し応神天皇について調べてみたいと思っています。

6月4日に一般社団法人市民ネットワークを立ち上げました。
そして、会社のほうも化粧品製造販売業としての方向性が決まりました。
調布の工場もニーズのある形に整備してまいります。
いろいろ新しいことが下半期動きだしそうな気配です。
毎日、今日からスタートと思ってさらに前進あるのみです。
posted by shikaku_tsuneho at 12:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

我が家の猫の話

あまりの忙しさにブログも少しお休みしてしまいました。
たくさんお話ししたいことはあるのですが、ここ1週間はまとめてブログを書こうと思っています。

さて今日は我が家の猫の話。


写真.jpg

※写真は現在の我が家の猫ノアちゃんです。



私はもともと犬派。
小さい頃からお庭で放し飼いで犬を飼っていました。

最初の犬は由緒正しいちょっと変わった犬種でしたが、野良犬ちゃんとできちゃった婚を繰り返して、庭の片隅で子犬が産まれて、親犬は年がたって死んでいくという繰り返しを我が家の庭の小宇宙で展開してきたような記憶があります。

昔、犬とりというようなことを市役所がしていて、野良犬を連れて行っては処分していたような…うちの犬も何回も犬とりさんに連れられて行って、泣きながら返してもらいに行ったような記憶がうっすらあります。

そして、結婚してから子供たちがある年齢に達して、横浜の一軒家に住むようになって、上の息子の要望もあり、お庭で中型犬を飼い始めました。
名前はチビ。
当たり前ですが、子犬の時にとても小さかったので子供がチビと命名しました。



そして少しの時が流れ、下の息子が小学校の5年生の時、私の仕事がだんだんと忙しくなって、家を空けることが多くなっていました。
そんな時に下の息子が小さなフリーペーパーに「子猫差し上げます。」という告知を見つけて、ママがいない時にさびしいから猫が飼いたいと言い出したのです。

お庭にチビちゃんがいるじゃないといっても、ちびはお兄ちゃんの犬だし、お外で一緒に寝たりできないもんというのです。

猫体験のない私は、ママは猫が苦手だから…とお茶を濁していましたが、しつこく見るだけでいいから行ってみようよ…とさかんに誘いかけてきます。
あまりの熱心さと、猫ってどんなものか見てみましょうと、出かけたのがすべての始まりでした。

バーニーズという黒ネコちゃんが5匹ほど産まれて遊んでいるところにいったものですから、そのかわいらしさに息子より私が魅了されてしまったという感じで、話は急遽まとまってその日に猫を連れて帰ってしまったのです。

それから我が家の猫人生が始まりました。

我が家の猫はすべて黒ネコ。

黒猫が運がいいとか悪いとか諸説あるようですが、兎に角猫は勝手で人間に媚を売らないから、本当に人間を癒してくれます。

兎に角、猫を飼うことのリーダーは我が家では次男坊。今ではイヌ派のお兄さんもすっかり猫好きになって、留学する時もつれていくというほどでした。

多い時は黒猫3匹飼っていた時もありました。

初代のヤマト君は3年前に16年私たちにいっぱい愛をくれて大往生でなくなりました。

初めて、息子の大号泣をみて、この16年の大波乱の我が家の顛末を見続けて、癒し続けてくれたヤマトに心から感謝しました。

現在生き残っているノアちゃんは甘えん坊の気の優しい猫ちゃんです。

独りぼっちになって、寂しそうで、みんなに可愛いお嫁さんを見つけてやろうよ・・・と子供たちに提案しても、却下されつづけています。
ママはなんの世話もしないんだからそんなこと言う権利はない!といわれると。。。あーあ時代は変わったなと思います。
昔は、みんなが世話をしないからといつもお説教していたのが、今や逆転してしまいました。

兎に角、猫はかわいいその一言です。

そしていつも猫に感謝と思います。

ラベル:
posted by shikaku_tsuneho at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

ビックカメラにて・・・

仕事の合間の空き時間、近く予定している引っ越しのための家電の下見に量販店をぐるっと回ってみました。
ちょっと前まで凄ーく高かったうすがたTV も、ドラム式の洗濯機も、お掃除ロボットも、ホント安くなっているのにびっくり!!

製造者側にとってはデノミは満身創痍というぐらい痛ーいものだが、消費者にとっては有難い有難い!
メーカー社長として、このような時期に贅沢は厳禁と戒めて、あれとこれとなんて加算して言っても、安いものを選りすぐると欲しいもの一式買っても30万ぐらいで、収まるカモ・・・とあれこれ想像しながら足し算していました。

その時思い出したのです。こんなこと過去にもあったなあ・・・と。思い起こせば、結婚のとき、親から確か50万円を渡されて(情けないすねかじりでした)、その当時から電気製品は秋葉原といわれていたその秋葉原に亭主と買い物に行ったような・・・記憶がうっすら残っています。

その時は本当にすべて一式買いましたが、渡された50万円でも足りないぐらいだったような・・・
今回はすべて一式ではないまでも、それなりに買っても30万円ぐらいとは…
技術は日進月歩。毎年新しいテクノロジーが加味されて、新しい型番になって、値上がりするけど、すぐに値下がり協奏曲となって、賢い消費者はそれを待って購買する。
これが定番の行動パターンのようです。

あの当時大手建設会社のサラリーマンだった亭主の給料が確か、15万ぐらいだったでしょうか・・・何しろ現場手当が2000円と聞いててっきり、1日2000円だと思っていたら、月に2000円だったという時代です。給料の3倍以上電気製品の値段がしていたわけです。

33年前のことがつい昨日のように思い出されます。
新婚で住んだところが、これまた、千葉の田舎で、薄給と突然の田舎住まいに毎日がフィールドワークというような面白おかしい生活をしていました。

あのころが懐かしい!

今の電気製品は何から何まで変わってしまって、すべてがデジタル化してしまって、テレビ一つ買うのも大変です。
いろいろ自分で選択しなければならないシステムばかりで、時代の流れに本当についていけません。
幸運にも息子二人が電気製品大好きお宅なので、いくばくかの犠牲を惜しまなければ、滞りなく使えるように設定してくれます。
本当にありがたい!(普段はなんで・・・?!ということばかりしてくれる息子も電気製品購買の時はまさにヒーローというような頼もしい存在です)
モノは買えても使えるようにできないものばかりで、苦労はしたけどちょっと理系に強い男の子を持って良かったと思います。

私が独りぼっちになったら、きっと陸の孤島のような存在になるんだろうなあ・・・と
ときどき地方の私鉄に乗るときに切符の買い方が分からなくて自動販売機の前でボーっとしたり・・・

そんなおばあちゃまいますよね!
しっかりその域に達し始めている自分に愕然とする1日でもありました。
posted by shikaku_tsuneho at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

お花が届きました・・・

少し遅れてまた、バースデイを祝うお花が届きました・・・

2010031420290000.jpg


いくつになっても、お花をいただくことは大変うれしいことです。
いろんな意味で、人生の師と認識している方から、あなたのオーラを表現してみました…という言葉と共に送られてきました。
まさに春色の柔らかな優しさがにじみ出ている花束に、送ってくださった方の心の色だと思います。

奈良の円照寺という門跡寺に伝わる山村御流という華道を私は小さいころから学びました。
『花は野にあるように』を趣旨として、山に花を採集に行ってそれを花器にいけるという本当にに素晴らしい体験を重ねてきました。

私が『すべての答えは自然にある』という哲学を心に持っているのは、この小さいころからの積み重ねなのでしょうか…

庭の椿を一輪活けて、床の間に飾ると小さな床の間に凛とした自然が蘇ります。
椿は美しい姿をある日突然、、首からボンと落ちてくちていきます。
その潔さと哀しさが私は大好きです。
その昔、実家の茶室の前の庭にはボケの花・紅梅・山吹が華やかに咲き乱れ、その隣に椿は控えめに咲き誇っている・・・そんな椿が私は大好きでした。

東京ではそんな生活は夢のような・・・殺伐とした毎日を送っていますが、桜の艶姿は堪能できます。
今日、皇居のあたりでタクシーの運転手さんが見てください!!ここに桜が咲き始めましたと教えてくれました。そんな事だけでも今日は幸せ気分でした。

また、桜の花が気になる季節がやってきました。
昔、お庭で花見の会をして、赤い毛氈をひいてお茶を点てて桜の花を愛でていたころがふっとよみがえってきました。

今年はどんな花見となるのやら・・・
新商品の発売や、フォーラムの企画や、社団の立ち上げや、さらに倉庫の引っ越しまで控えて、きっと今年も車越しの花見で終わってしまうのでしょうか…

それより、猫の額のような我が家の庭をもう少し何とかしてみようかな?!
ラベル:華道 誕生日
posted by shikaku_tsuneho at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ピュアナチュラル 蒼基.jpg

楽天市場 ピュアナチュラル
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。