ピュアナチュラル 蒼基.jpg

ピュアナチュラル

2010年03月08日

スポーツと自分

私の尊敬している祖父は、その昔テニスで日本一になったというスポーツマンで、ゴルフではエージシューターを何回かやり、なくなる数年前95歳ぐらいまでゴルフを楽しんでいました。

ところが、事、私といえば、まったくと言っての運動音痴!

40年ほど前、お友達のお父様がその当時まだ最先端のスポーツであったボーリングに連れて行って下さった時のはなし。
(ここに登場する祖父もおじさまもうちの父もみんなみんな鬼籍に入ってしまいました。ホント古い話です。)
褒め言葉として、『この子は四角さんとこの一番下のお孫さんですわ・・・』と紹介されたのに、あまりのひどい呑み込みの悪さに、
『ホンマニお孫さんですか??』とあきれ果てられてしまいました。

一族のゴルフコンペでもブービー賞より上はとったことがない!
そのうち、誰からもまったくお声がかからなくなりました…

幼いころより、祖父が作った社会事業としてのスイミングスクールやテニススクールに通わされましたが、どれもこれもいまだにたしなむ程度しかできないありさま・・・

スポーツは好きなんだけど、どうしてもうまくなれない!
テニスにしてもゴルフにしても勝ち負けが付きまとうスポーツ!そういうのがことさら苦手!
闘志をむき出しにされると、どうぞどうぞといいたくなる!
そんなことより、下手だから勝てないからつまんないんだもん!

うまくなくたって、自分なりに楽しんで体を動かせば、いいと考えてしまう。
そんなことで、泳いだり、走ったりすることは比較的に好きなようです。


小乗仏教的見地でスポーツに挑むわけではありませんが、やはり、自分との限りない闘いかな?

兎に角、100歳を健康に迎えたいと思っているのですから、筋肉との付き合いが大切!
でも、有名スポーツ選手ほど早死にだったりして・・・

最近は過激な運動はかえって体内に活性酸素を作ってよくないといいますよね

何でもほどほどがいいんですよ!


そして、自分らしく何事とも向き合うこと。


けっして、あの人はどうだとか、この人はどうだとか考えないこと。


楽しむためにはどうしたらいいか考えること。


自分らしいスタイルで自分らしくスポーツを楽しみましょう!
それが一番。


私がもう一つ望むことは、大自然の中で何かスポーツできたらと…
自然の懐に抱かれて何か体を動かせることができると最高ですよね!
だから、トレッキングとかスキューバーダイニングとかに憧れます。

でも、時間がなくて挑めない!
還暦を迎えるまでには何とかと思っています。
ラベル:スポーツ
posted by shikaku_tsuneho at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ピュアナチュラル 蒼基.jpg

楽天市場 ピュアナチュラル
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。